本文へスキップ

福祉教育(小中学校向け)

 将来の福祉社会を担う児童を対象に、思いやりの気持ちや助け合いの精神の醸成を図るため、体験型福祉教育の実践を支援しています。
 なお、車いすや高齢者擬似体験セットなどは貸出が可能です。
 詳しくは、地域福祉係(電話 046-225-2789)までお問い合わせください。

商品イメージ1

車椅子操作体験

<内  容>
 マットやカラーコーンを悪路や障害物に見立て、車椅子の操作等を体験する。
<講  師>
 厚木市福祉教育推進ボランティアあおぞら会 または
 社会福祉法人 厚木市社会福祉協議会 職員
<対  象>
 小学校3年生以上
<所要時間>
 原則、1クラス1校時分(45分程度)を使用

商品イメージ1

高齢者擬似体験

<内  容>
 特殊メガネや重りなどを装着して加齢による身体機能の低下や心理的変化を擬似的に体験する。
<講  師>
 厚木市福祉教育推進ボランティアあおぞら会
<対  象>
 小学校3年生以上
<所要時間>
 原則、1クラス1校時分(45分程度)を使用

商品イメージ1

手話体験

<内  容>
 「聞こえない」とはどういうことか、聴覚障がいを持つ方のお話を聴いたり、初歩的な手話を学ぶ。
<講  師>
 厚木市聴覚障害者協会
 厚木市手話サークル あゆの会(手話通訳)
<対  象>
 年齢制限などはなし
<所要時間>
 原則、2校時分(90分程度)※低年齢は1校時分(45分程度)

商品イメージ1

点字体験

<内  容>
 「見えない」とはどういうことか、点字についての話を聴いたり、初歩的な点字を学ぶ。
<講  師>
 厚木市点訳赤十字奉仕団
<対  象>
 年齢制限などはなし
<所要時間>
 原則、2校時分(90分程度)を使用

商品イメージ1

視覚障がい者の誘導体験

<内  容>
 「見えない」とはどういうことか、視覚障がいを持つ方を誘導するための方法を学ぶ。
<講  師>
 厚木市誘導赤十字奉仕団
<対  象>
 小学校3年生以上
<所要時間>
 原則、2校時分(90分程度)を使用

福祉教育(市内企業・団体向け)

 老いること、障がいがあることに対する理解と関心を深め、誰もがお互いを尊重し、支え合う社会を構築するために、体験型福祉教育の実践を支援しています。高齢者擬似体験セットは貸出が可能です。
 事業の詳細は、地域福祉係(電話 046-225-2789)までお問い合わせください。
 またページ下部から申込書をダウンロードできますので、ご活用ください。
 なお、本事業は2019年4月1日より、申込を受け付けます。

            視覚障がい者の誘導体験(講座)

誘導<内  容>
 「見えない」とはどういうことか、視覚障がいを持つ方を誘導するための基本や、声かけの大切さを学ぶ。
<講  師>
 厚木市誘導赤十字奉仕団
<対  象>
 市内で事業を営む企業及び市内で活動する団体
<所要時間>
 1時間半程度
<留意事項>
 講座の実施に伴い発生する費用(講師料、交通費)は企業・                団体側で負担

高齢者疑似体験高齢者擬似体験(物品貸出)

<内  容>
 特殊メガネや重りなどを装着して加齢による身体機能の低下や心理的変化を擬似的に体験する。
<対  象>
 市内で事業を営む企業及び市内で活動する団体
<所要時間>
 1時間半程度
<留意事項>
 物品の受取及び返却時間は、原則平日の午前8時30分〜午後 5時15分で行う
 セットは最大6セットまで貸出可能
 


  
  • 申込にあたっての留意点             →  こちら
  • 市内企業・団体用福祉教育推進事業申込書  →  こちら
  • 高齢者疑似体験のポイント(着脱方法等)  →  こちら

社会福祉法人 厚木市社会福祉協議会

お問い合わせ等は、こちら

〒243-0018
神奈川県厚木市中町1-4-1
厚木市保健福祉センター内
TEL.046-225-2947(代表)
FAX.046-225-3036

総務係
soumu@shakyo-atsugi-kanagawa.jp
援護係
engo@shakyo-atsugi-kanagawa.jp
地域福祉係
tiiki@shakyo-atsugi-kanagawa.jp
ボランティアセンター
v-center@shakyo-atsugi-kanagawa.jp